本文へスキップ

建築施工管理技士の資格取得を目指すサイト

1級建築施工管理技士/建築施工管理技士

建築施工管理技士 講座

建築施工管理技士 通信講座

1級建築施工管理技士

■資格内容

工事を的確に行う知識と技術 
施工技術の高度化、専門化、多様化が進み、建築工事の円滑な実施と質的水準を保つうえで施工管理技術は重要である。工事の実施にあたって、施工計画、工程管理、品質管理、安全管理など、工事の管理を的確に行うのに必要な知識と技術をもつのが1級建築施工管理技士である。特定建設業者について営業所に置く専任の技術者、現場に置く監理技術者は1級建築施工管理技士等の国家資格者でなければならない。


■取得方法

学科と実地の2段階試験 
学科試験の合格者に対し実地試験が行われる。学科のみ合格した場合は次年度に限り学科試験が免除される。一級建築士試験合格者は条件により学科試験が免除される。


■詳細情報
受験資格: 建築学、土木工学、都市工学、衛生工学、電気工学または機械工学に関する学科の卒業者で、指導監督的経験1年以上を含む実務経験年数が、大学は3年(指定学科以外は4.5年)、短大・高専は5年(同7.5年)、高校は10年(同11.5年)以上の者。その他の者、2級合格者は5〜15年。高卒、その他、2級合格で専任の主任技術者経験1年以上の者は実務経験年数が2年短縮される。
(注)専任の主任技術者=公共性のある工作物に関する重要な工事で、1件の請負金額が2,500万円以上の工事現場には、「専任」の「主任技術者」を置かなければならない。
試験科目: 学科(択一式)=建築学等、施工管理法、法規。 実地(記述式)=施工管理法。
申込期間: 2月 実地=7月
試験日: 学科=6月中旬、実地=10月中旬
試験地: 札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄
受験料: 学科=9,400円、実地=9,400円
受験者: 学科=25,195人、実地=16,870人(平成21年度)
合格率: 学科=34.9%、実地=41.1%(平成21年度)


■問い合わせ先
(財)建設業振興基金試験研修本部
住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-2-12虎ノ門4丁目MTビル2号館3階
TEL:03-5473-1581