本文へスキップ

建築施工管理技士の資格取得を目指すサイト

1級建設機械施工技士/建築施工管理技士

建築施工管理技士 講座

建築施工管理技士 通信講座

1級建設機械施工技士

■資格内容

工事の機械化に必要な技術 
建設工事の機械化施工において、各種建設機械の運転技術、施工技術を有する者として指導・監督的実務に従事する。また、指定建設業の営業所の責任技術者、工事現場の監理技術者の資格要件となっている。


■取得方法

学科と実地の両方合格が条件 
学科試験に合格すると実地試験を受験できる。


■詳細情報
受検資格: 土木工学、都市工学、衛生工学、交通工学、電気工学、機械工学または建築学等に関する学科の卒業者で、指導・監督的実務経験1年以上を含む実務経験年数が、大学は3年(指定学科以外は4.5年)、短大・高専は5年(同7.5年)、高校は10年(同11.5年)以上の者。その他の者、2級合格者は5〜15年。高校、その他、2級合格で専任の主任技術者経験1年以上を含む者は実務経験年数が2年短縮される。
(注)専任の主任技術者=公共性のある工作物に関する重要な工事で、一件の請負金額が2,500万円以上の工事現場には「専任」の「主任技術者」を置かなければならない。
試験科目: 学科(筆記)=土木工学、建設機械一般、建設機械施工法、法規 
実地=記述式:建設機械組合せ施工法、実技:トラクター系、ショベル系、モーター・グレーダー、締め固め、ほ装用、基礎工事用の建設機械操作施工法から2科目を選択
申込期間: 学科=3〜4月 実地=受検者に通知
試験日: 学科・実地(記述式)=6月第3日曜日、実地(実技)=8月下旬〜9月中旬
試験地: 学科・実地(記述式)=主要10都市
実地(実技)=全国13か所
受験料: 学科=10,100円 実地= 記述のみ15,000円、記述+1科目21,400円、記述+2科目27,800円
受検者: 学科=2,616人 実地=1,086人(平成22年度)
合格率: 学科=39.5% 実地=90.1%(平成22年度)


■問い合わせ先
(社)日本建設機械化協会 試験部
住所:〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8機械振興会館2階
TEL:03-3433-1575