本文へスキップ

建築施工管理技士の資格取得を目指すサイト

建設業経理士・建設業経理事務士/建築施工管理技士

建築施工管理技士 講座

建築施工管理技士 通信講座

建設業経理士・建設業経理事務士

■資格内容

建設業経営の合理化に寄与 
建設業経理事務士は、建設業経理に関する知識とその処理能力や、経営の合理化に寄与できる事務能力などをかねそなえ、建設業で経理部門を担当する建設業専門の経理事務士である。


■取得方法

難易度により4つに区分 
(財)建設業振興基金が実施する建設業経理検定試験(1〜4級)に合格すれと、それぞれ1・2級建設業経理士、3・4級建設業経理事務士の資格が得られる。1級は3科目からなる科目合格制のため、科目ごとの受験が可能(5年の有効期限内に全科目合格すること)。
 また、3・4級の資格は講習と検定試験による特別研修に合格しても得ることができる。


■詳細情報
受験資格: 特に制限なし
試験科目: 1級=原価計算、財務諸表論、財務分析 
2級=建設業の簿記・原価計算及び会社会計 
3級=建設業の簿記・原価計算 
4級=簿記のしくみ
申込期間: 5月頃(1・2級のみ)、11月頃
試験日: 9月(1・2級のみ)、3月
試験地: 各都道府県の県庁所在地など
受験料: 1級=1科目7,200円、2科目10,300円、3科目13,300円。 
2級=6,100円。 3級=5,100円。 4級=4,100円。 
2・3級、3・4級の併願可能。
受験者: 1級=3科目計10,818人、2級〜4級=16,904人(平成21年度)
合格率: 1級(科目平均)=26.3%、2級=31.2%、3級=61.2%、4級=79.8%(平成21年度)
特別研修: 〈〈受講資格〉3級=建設業経理事務士4級有資格者、4級=特に制限なし 
〈研修内容〉3級=3日間→基礎的な建設業原価計算、4級=2日間→初歩的な複式簿記 
〈受講料〉3級=30,900円、4級=20,600円 
〈実施都市〉各都道府県の県庁所在地など


■問い合わせ先
(財)建設業振興基金
住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-2-12 虎ノ門4丁目MTビル2号館
TEL:03-5473-4581